読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

そして今も再生中

デジタル音痴の旦那が授業に使いたいからと
ドリフターズの「いい湯だな」をダウンロードしてくれと言って参りました。
(どんな授業だよ)
ワタクシ、二十数年間に渡るマックユーザーではございますが、
iTunesのダウンロードなどパスワード認証の要るものが
今一つ、よく分かっていないのであります。

昨夜も「パスワードが違います」とすげなく追い返され、
スマホには「ある地点のパソコンからアクセス有り!」と不審者扱い。
仕方なくパスワードの変更手続きをして試みるも
今度は「パスワードをお忘れですか?」と年寄り扱い。
何度パスワードを変更しても追い返されるのであります。
スマホで落としたら?」と言う娘ちんのアドバイスに従い、
アイポンちゃんからトライすると、
なんと!無事に!!落とせたのであります!!!!!
さあ!これをパソコンに同期させてCDに入れるだけだっ!!!!!(ふがー)


…ところが、今度はダウンロードした曲をパソコンに移す方法が分からない…
曲名を選択して送ろう、または同期させようと試みる度に、
ババンババンバンバン♪ビバノンノン♪
と高音質な音がワタクシのアイポンちゃんで繰り返し再生されるのであります。

web拍手メッセージへの返信です

thanks for messages

あけましておめで…(殴)
鏡開きも終わり、いつの間にか1月も中旬でございます。
娘ちんの独立、じじさまばばさま、愛犬コロたん退場により、
リビングに響くのは自分の独り言のみ。
わずか4〜5年前までの我が家の喧噪が夢のようであります。
育児と介護と仕事とオダギリ氏がメインだったこのブログも、
体調の変化、年金、昔話の繰り返し、時々オダギることに移行しそうです。
これからもどうぞ宜しくお願いいたします。(この内容を誰が読むんだ)

>更新してなかったため、今更気づきました!遅くなり申し訳ありません!
 いつもTwitterでお世話になっております!
 年末のご本を買って頂けたと!ありがとうございます〜。
 また、感想もいただきましてありがとうございます!
 今回お誘い頂いて初めて参加したんですが、
 参加人数の多さに、今も熱い方々がこんなにいるのかと感動いたしました。
 最初は右ページのみ描いてたんですが、左ページを追加しました。
 一文のある左ページは九郎ヶ岳に向かう雪道を想定してます(鬼)

2015年も暮れようとしております、と書いて早一年

日常

2016年も暮れようとしております。
いっそ毎年この言葉で締めようかと思ってます。
http://usagitokeme.hatenablog.com/entry/2015/12/31/020753
あの夢のようなクウガまみれの日々から1年経ったんですねえ。
数年越しの懸案事項であったローン問題も無事解決いたしました。


来年の今頃はどんな事が記せるのかわくわくドキドキしております。

と書いていますが、残念ながら別れの年でありました。
ばあさま、義妹、他にも寿命というには早すぎる幾つもの別れが重なりました。
本人たちも去年の今頃には思ってもいなかったでしょう。
年齢に関係なく、それは明日の自分かもしれません。
この年齢になると生きていくことは「命燃やすぜ!」
(特定の方にしか分からないフレーズでい・・・)
まさに命を燃やしつつ日々を過ごしているなあと実感いたします。
だからこそ今この時を大切に、そして笑って過ごしたいなと思うのであります。
自分と大切な人たちのために。

今年4月に結婚した姪っ子のお腹には、8ヶ月の新しい命。
きっと来年は出会いの年になるでしょう!
来年もどうぞ宜しくお願いいたします!

 

コミケ本初参加

コミケに行った事も見た事もないワタクシが、
美麗なクウガイラストを描かれる吉野サトリさんの冬コミクウガ本に、
ちょこっと(本当の本当にちょこっと)参加させていただきました。

【C91】新刊お知らせ&おしながき | サトリ
[pixiv] http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=60376082
ゲストを含め13名の方々が執筆されたP124の充実ぶり!
全年齢対象と伺っておりますので、どなたでもご覧になって頂けるかと。
当日ご参加の方はもちろん、通販の予約も受け付けてらっしゃいますので、
クウガスキーな方はお手にとってください。
私もゲストの方々のお名前や内容を知らないので楽しみです!

既刊本も本当に楽しいんですよ。
ニヤニヤが止まらないこと請け合いです。
在庫の少ないものもあるようですのでお早めに。

高齢ドライバーの免許返納者にはタクシー券を!

日常

昼休み、スーパーで夕飯の買い出し中に
キバコさんが慌てた様子で小走りでやってきて
「ちょっ!ちょっときて、アレ見て!」
と指さすのは店前で客待ちのタクシー。
「おばあさんが運転席の方に座ってるで!」
と運転席に埋もれるような小柄なおばあさんを
戸惑いつつ見るキバコさん。

いや、間違いじゃないねん…
彼女は我が村で唯一のタクシードライバーやねん…

続・巨大組織への果てしない闘い(まったくもって無駄であった)

日常

たくさんの応援を頂きつつ、甲冑を着込んで乗り込んだのに、
敵前でちょっと地団駄踏んで見せた…くらいの意気地のない闘いで、
しかもスピンオフを予告したにも関わらず、大してご報告申し上げるものもなく、
何事も起こらなかった事が申し訳なく感じるワタクシ。

「小次郎様でいらっしゃいますか?」
と、まるで帝国ホテルのフロントから掛かって来たような(※イメージです)
それはそれは柔らかで(誠実に聞こえる)口調の男性。
Top of Customer Serviceな方に違いない←この時点で仰向けで腹を見せるワタクシ
「まず昨年6月に担当のMが伺い、新規契約された件ですが、
 確かにそのような記録がございました。」
転入転出届けと時期が重なり、契約が重複してしまった、
契約はすでに無効となっているという事。

もう一件の「遡っての請求があるかどうか」については、
契約した月からの支払いで、先払いしている地上波契約との差額分の
いくらいくらが来月引き落としになる、と説明されたのであった。

昨年の担当者の名前と起こってしまった原因、
示された差額分の具体的な金額など、
この件は社内でしっかり精査しましたな対応で、
本来の「見られないのに払えとは何事!」な問題は何も解決してないのに
すでに甲冑を脱ぎ始めるワタクシ。
人間とは所詮こんな簡単なものでござるよ・・・。

私と同様、起きたことにあまり執着しない娘ちんは、
どうせなら見られるようにコード買って繋ごうかな、見たい番組もあるし…
とやや嬉しげに言い、すでに彼女の中では決着済みなのであった。

巨大組織への果てしない闘い(今更な無駄あがき) 後編

日常

「フリーダイヤルだから借りますっ!」
昼休みになると同時に、固定電話の前に箇条書きメモと
娘ちんから送られてきた契約書の画像プリントを置くワタクシ。
どうせ「ただいま大変混み合っております。
このままお待ち頂くか、お手数ですがお掛け直しください」
な〜んて言われるもんねーと思ったらスンナリ繋がって逆に焦るワタクシ。
反射的に「いつもお世話になっております」と言ってしまった。

私が問い合わせた事は以下の事。
1.銀行(BS)と郵貯(地上波契約)の両方から引き落としがあるのは何故か
これは娘ちんが学生時代に旦那名義の家族割りで支払っていたものが
卒業してそのまま一般契約となり、支払い方法もスライドしていると推察。

思った通り娘ちん分の受信料であった・・・となると次の質問

2.去年娘のところに業者が来て、娘は娘で受信料の契約をしているが、
 二重引き落としになっていないか?
 引き落としが無くてもクレジットカードなどの個人情報は大丈夫か?
これも実は事前に娘の指定先から引き落としがないことを確認済み。

そのような契約の記録はございません。
しかしこちらにはクレジットカードでの支払いを契約書の控えがあるのでと
担当営業所と担当名を告げると、困惑しつつ調べた後ご連絡差し上げますとの回答。

3.一転、BSが映らない状態でも支払い義務はあるのか
 まあ想像通りのお答え。

賃貸にBSのアンテナと、受診可能のテレビがあれば支払い義務がある。

4.BSへの契約変更が今月なので、遡っての差額請求は無いですよね

BSに繋がれた時が契約開始ですのでそれはありませんという回答を受けて次の質問

5.先日いらっしゃった担当は遡った分も来月一緒に引き落とされると仰ってました。

そそそれも調べた後に個人情報の事と合わせてご連絡差し上げますっ!

時間的に30分前後であったろうか。
結局、BSは今月分からは支払いましょうということに。
(ただし地上波を一括先払いしているので差額分)
クレジットカードなどの情報はちゃんと破棄されているのかという確認は
後日電話があると言うので待機中。
しかし電話口の方は、ほぼ一日中、苦情のような問い合わせを聞き続けてるんだなあと
若干気の毒になるワタクシ。
彼女らが決めている訳ではないので、
「支払い義務」「国民の義務」という納得しずらい説明を繰り返すしかなく、
前面で矢を受けている彼女らのためにも、
分かりやすい支払い方法に変えて欲しいものだと思うのであった。

闘い終わった後にキバコさんが買い物から帰って来て、
「うわー!もう終わっちまったか!」と残念そうな声を挙げるのであった。
がっでむ

多分スピンオフに続く!