読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

重版出来! 第10話

オダギリジョー ドラマ 重版出来

五百旗頭さんと高畑先生が一緒に作り上げたバイブスの「ツノひめさま」か、
五百旗頭さんと井上先生がかつて組んで世に出そうとした「ヒッチポッチ」か!?
で結局、五百旗頭さん担当の三蔵山先生の「ドラゴン急流」が受賞!!
ということは、
五百旗頭敬vs五百旗頭敬で、Winner五百旗頭敬!ということですな(ちょっと違)

http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/ep10.html

まだ見えない魚影、しかし確かに感じる何か、静かな海面の上に群れる海鳥。
ピーブ連載開始、バイブス編集部一同は頬を紅潮させ腕組みをして
沖を睨む猟師のようであります。
町のざわつき、拡がる驚き、沈黙を破って一気に押し寄せる反応。
にしんが来たぞ−!みたいな。
このにしんが大群でやってくるまでの運びがもう見事で見事で!
ブルブルと身震いいたしました。

外の騒ぎが大きくなるにつれ、自分自身の中へ深く潜り込み、
海底に沈んでいくような中田伯。
外のうねりや歓声が聞こえていないのは、
窓やドアを全て閉めているせいだけでは無さそうです。
牛露田先生や絹ちゃんもしかり。
重版出来は元気の出るドラマだけど、
決して影の部分を明るい色で塗り隠したりはしないのであります。

「みんな中田さんの為なんですよ!」
中田伯でなくても思春期に耳にして誰もが反発を覚えた言葉。
それを主人公が感情的に言っちゃう。
心に説教する人もいなければ、ありがたいお言葉をくれる人もいない。
登場人物は五百旗頭さんのように
自分で正しい道を選んで行けるように模索するのであります。
心は自ら窓を開けた中田伯と大小の波の中を共に進んでいくでしょうし、
五百旗頭さんは三蔵山さんと未知の冒険へと出発、
沼さんは嫁さんと新しい生活を築いていく、
重版出来は何かがドカンと解決されてお終いというワケではなく、
ドラマの最後に示されたように彼らの日常にゴールはなく続いていきます。
このドラマの世界は、私たちの日常の延長上にあるように感じます。

「黒沢さんの目標なら叶えてあげたい」と聞いた時の心ちゃんの驚きで固まった顔、
書店ではじめて反応を目の当たりにした中田伯の鍵がカチッと開いたような表情、
絹ちゃんが安井さんと顔を合わせたときの一瞬ピンと張った空気、
三蔵山先生の言葉に、我を忘れて大きな拍手を始めるクール五百旗頭さんの眼差し、
本当に役者のみなさんも見事としか言いようがありません。
(さっきから見事しか言ってない)

三蔵山先生の言う1個のオニギリ。
作品をオニギリに例えれば、
使われた水の様に普通は気付かない制作者サイドの情熱と愛情が、
今回はビシビシと伝わってきました。
発信者と受け手から愛された重版出来!というドラマと登場人物たちに
出来ればまた会いたいと願うばかりです。

f:id:usagitokeme:20160619225850j:plain