読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

東映特撮公式配信記念『EPISODE44 危機』

オダギリジョー ドラマ 仮面ライダークウガ

回を追う毎に深刻になっていく物語に、悶えつつ過ごした2000年冬。
しかし恐る恐るテレビを点けてみれば、
のっけからほのぼのジョギングシーン。
思わずコーヒーを吹いちゃいました。
「このごろヤツラの戦闘能力がますます上がってきているだろう?」
それはアナタ(一条さん)です。

「(小田原まで)往復12時間は掛かるぞ」と真面目に返す一条さんですけど、
五代の提案をそれほど突拍子もない事とは思って無さそうです。
この時一条さんの電話でかき消された、
「電車でいきます?」という五代のセリフ。
そりゃもうただの観光ですから。(アドリブのようですが)

グロンギ対策のため、次々と強い武器を開発する榎田さん。
細かい矛盾や技術のことは分かりませんが、
納得出来る理由付けがされているところが細かい。
仕事と母親の両立…というより、
確かにさゆるくんの母親は榎田さんしかいないけど、
「犠牲者がこれ以上出ないように尽くす」ことと
「さゆるくんの母親であること」は別。
同じ天秤に掛け、どちらかを選べなんて出来ません。

前回と同じく、五代をフォローする協力者のクローズアップ回。
残り数話のタイミングで挟まれた人間ドラマに、
ヒーロー番組らしいバトルを待つ人たちの間では、
当時戸惑いの声があった覚えがあります。
しかし「戦士」のBGMに走る榎田さんもまた、
五代と同じく苦悩しつつ戦うリントの一人。
この回も実は戦闘シーンが満歳であります。