読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

東映特撮公式配信記念『EPISODE13 不審』

グロンギが社会に及ぼす影響が強くなっている中、
とうとうグロンギに憧れる自称クロンギ、「なりきり」が現れてきました。

ゴウラム登場回、蝶野さん登場回、
井上俊樹さん参加回です。
メインライターの荒川さんのヘルプとして
井上俊樹さんが入ってきた…と記憶しています。
椿医師の華麗なるプライベートとか、
今までのキャラ、路線から外れることなく、
ほんのちょっと足すだけでグンと想像が拡がる。
深く掘り下げるのが荒川さん、拡げるのが井上さんとはよく言ったものです。
何気ない会話の中でも、一条さんの女性に縁のない生活や、
突き詰める性格が印象づけられていています。

蝶野という斜に構え悪態をつく、今までに無いタイプの出現や
ゴウラムの登場で印象深い回ですが、
それ以上に印象的なのは、五代、一条、桜子、椿など
登場人物たちのやりとりが実に自然で、日常感に溢れていることです。
本当の旧友同士、同級生同士じゃないかと思うほど。
クウガは「現実の世界で起こったら」を再現するため、
時間や場面を飛ばさない、出来るだけ現場でロケをする、
技名を叫ばないなど設定に拘っていますが、
こういう何でもない日常のシーンの人間関係に嘘がない事が、
彼らが本当に存在しているかのように感じさせ、
細かな設定以上にリアルな世界に見える大きな役割を
果たしていたように思います。