読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

「ぷっ」すま その3

まだまだ5ゲーム目「タコス」
ハァ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜と料理が出たとたん画面に映らないところでオダギリ氏のため息が。
番組的には是非ともゲストチームに買って貰いたいユースケさんが上手く投げられるコツを姉さんに伝授。
しかしながら、ああ無情のガーター。ここまでくるとこれも一種の才能でしょう!
何かの呪いに掛かったようにオダギリ氏にも伝染し連続ガーター。
姉さんその場で「ギブアップ!」宣言をすると大慌てのユースケさん。
「ちょちょちょっと待て!待て!ヘルプがあるから!」と番組続行を懇願。なんだか変な対決になってきました。
なぎスケチームの番。ユースケさんは姉さんにお手本を示しつつボールを手放すと見事なストライク!
最高のお手本でした。・・・・・・・凹むユースケさん。草なぎさんが引いたくじは「10」。チームワークも素晴らしい。
お食事タイムは空気も澱む10皿対10皿。口数少なく食べ始める出演者達。
鶴真由姉さん「もう食べられない〜」のマジ泣きにオダギリ氏、慌てて最後のヘルプカードを使用。
先ほどのチャンピオンが出てきてまたもや危機を救ってくれました。

6ゲーム目「サルマート」
とうとう姉さんのためにガーター防止が施され、鶴真由ねえさんがやっとこ5本倒すと全員から拍手まで貰ってます。
どーにか番組を続行させたい出演者達の涙ぐましい努力です。
しかしオダギリ氏が1本も倒せず結局5皿。
お食事タイムはヘルプカードがもう1枚もないゲストチーム。
「これはもう食べますよ!」と男気を見せるオダギリ氏。
さすがに悪いと思ったか鶴真由姉さんノロノロと食べる姿勢をみせております。
涙目で「もう味分かんないです」といいつつ、4皿完食。
姉さんの残り分まで手伝って、あのミンチたっぷり料理を1人で4皿半食べきりました。あっぱれ!!


7ゲーム目「ピロシキ
見てる方が吐きそうですが、限界を超えたかオダギリ氏「ペロッといけそうですよ」とコメント。
元気を取り戻して久々の1本残しに成功。
相手チーム、スタッフからも拍手をもらい、もはや「対決」とはいえない状況です。
お食事タイム、1個のピロシキをペロッとはいかず苦しみながらなんとか完食。


8ゲーム目「チキンカレー」
10皿ー鶴真由姉さん3本+オダギリ氏痛恨のガーター=7皿・・・・・チキンカレー7皿。
もうオダギリ氏笑うしかなく。
カレーを目の前に両チームの手がなかなか出ません。
姉さん小声でオダギリ氏に「ねえ、いくらもってる?」とギブアップしたい病が再燃。
思いついたように「そっちヘルプカード何枚あるんですか?」オダギリ氏。
「1枚くださいよ」ととんでもない提案をしております。
はあぁ〜?顔のなぎスケチームも草なぎさんの「いいんじゃない」と余裕の一言でヘルプカードを譲渡してくれました。
3回目のチャンピオン登場でオダギリ氏、敬意を表し立ってお出迎え、握手までしてます。
見事クリアしてくれたチャンピオンが神様にみえたでしょう。
ゴメンナサイ〜〜〜!次は必ず終わります・・・・。