読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

おすぎの美食倶楽部その3(2004.1.1)

バラエティ オダギリジョー

おすぎさんが京都の店から取り寄せた「鴨なんば」をオダギリ氏に差し出すと、
麺類に目のないオダギリ氏は一口つゆを飲んで
「あっ、うっま〜い!!」
おすぎさんの手料理と反応が違いすぎますけど、口内炎はどうしましたかー?!
すねるおすぎさんに
「おすぎさんのもおいしいんですよ」と思い切り、とってつけてます。
続いて本来の目的、映画「クラブ進駐軍」の宣伝に映像が流されますが
おすぎさん「あずみの時のジョー君の方が好き。」
いや、だからぁ今日は「クラブ進駐軍」の宣伝にきたんですよ!
オダギリ氏からのお礼の手みやげは「ドライいちじく」。こういうの男性が選ぶのは珍しいですねぇ。
ドライフルーツのおいしい食べ方をおすぎさん一生懸命説明してますけど
「まんまがいいです。」
とつれないオダギリ氏、素敵です。
この後2004年のオダギリジョーを占うコーナー。
性格は「こだわりが強く完璧主義者。」
今年の運勢は「今までやってきたことが一つの形になる年。今年やったことが未来への基盤になる」
とのこと。さて9ヶ月過ぎて当たってるでしょうか?
そろそろ辞する時間となり
「いつも端から見てて、とっつきにくそうな人だと思ってたら運勢が私の方を向いてて・・・。」
と上機嫌のおすぎさん。CM中に仲良くなれるという運勢でも出たんでしょうか?
「私のことを忘れて欲しくないなぁと思って」と手渡されたものは「おすぎさん人形」。
「ぜひ」と手を出して受け取るオダギリ氏の次の行動を息を飲んで見守ったファンは私だけじゃないはず。
ちゃんと受け取った姿をみてホッと致しました。
「いやだったら捨ててくださってもいいんですよ、私の見えないところで」いじらしいです、おすぎさん。
あれこれ気をつかいながらも聞きたいことはズバリと聞いて、さらに話を引き出してくれたおすぎさん、
さすがプロです!とにかく甲斐甲斐しく世話を焼くおすぎさんも見ものでした。
番組終了後オダギリ氏から
口内炎で痛がったりしておすぎさんの乙女心を傷つけてしまったのではないかと反省してます。
今度また別の料理をご馳走してください。」
あっ、と付け加えたひとこと。
「プライベートは無しで。番組で。」
どこまでもマイペースをわすれないオダギリ氏でした。