読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

世界まるみえテレビ特捜部(2001.10.3)

バラエティ オダギリジョー

お馴染み今も続く楠田さん、所ジョージさん、ビートたけしさんの番組です。
番組冒頭「所ジョージ着ぐるみ」が壁にあたってよろける定番ボケをかますのを見て
歯矯正完了後のオダギリジョー氏、前揺れ後ろ倒しの大笑いです。
髪は黒のリーゼント。
そういえばひところ何かに取り憑かれていたようにリーゼントばかりしてましたねえ。
黒いインナーの上にはピンク地に深緑の模様が入った
大胆な色使いのジャケットを羽織ってます。
当時ギョッとしたファッションも今見るとまだまだフツーに見えます。
この手の番組は基本的にVTRが流れ、隅の方にそれをみるゲストが映し出されるので、
テレビの隅で行われるゲストの百面相に心を奪われて、あまり内容を覚えてなかったりします。
ほとんどがVTRの視聴なので、お姿はほとんど拝めません。
まずアマゾン川沿いで暮らす小学生くらいの兄弟が観光フェリーに小舟で近づいて飛び乗り、
土産や果物などの行商をしながらわずか300円を手に入れるVTRが流れると、
隅のオダギリ氏は神妙な顔で時々眉をひそめたり、口元が小さく「ホゥ」と行っている様子。
クールを装いつつ実は結構感激屋なオダギリ氏は(あくまで私の主観)、
こういうVTRを見る番組で時には目を潤ませることもありました。
VTRの少年は逞しく、目が強く輝きスタンドバイミーのリバーフェニックスのような顔つき。
視聴後「日本の少年達に見て欲しいですね。もっとたくましくなってほしいですね。」と
どこかで暗記してきたかのような模範解答するオダギリ氏。
「そういうアンタは自称ひきこもりですから!!残念!!!」
波多陽区にもう一度斬られて欲しいですね。
次は生まれつき両手がない女性が両足を使って不自由なく暮らしているVTR
車の運転、タイピング、食事、もうほんとに機能は手と変わらない見事なものです。
「なんでもあきらめちゃダメですね。努力することで夢が叶うというのが分かりました」
んもう!どうしちゃったんですかホント!
笠井アナの言葉を借りれば「こんなのジョーじゃない!!!」
その後「和風〜」などの番組にレギュラー出演したときにもそうだったけど、
どうもビートたけしさんの番組では人格が変わってしまうようです。
この人格でスタジオパークに出て欲しかったです。(いや、本当は素でいいです。ハラハラしても)
しかしこの後眉を上げるとぼけ顔をして自分で自分に拍手。無言で観客に拍手を要求してます。
「イイこと言った。」
またもや自分をほめた後、番組は「大締め」に楠田さんの「また来週ー!」
さよならーと手をゆっくりと振る動作は彼の長く大きな手を際だたせるのでした。