読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

秘密の爆笑大問題 三谷幸喜(2001.5)

バラエティ オダギリジョー


爆笑問題渡辺正行(リーダー)+オダギリジョー+娘達等のレギュラー陣に
毎回ゲストを一人招いて時事ニュース、流行などを取り上げる深夜のバラエティーです。
順番通りじゃないですが時期的にやはりこの人から。
オダギリ氏は長めの金髪をオールバック気味に後ろへなでつけてます。
隣席の三谷さんは・・・・・・今と変わりません。
このときおそらく2人は初対面。
「三谷さんと面識を作っておいて作品に出させて貰うのよっ!」といきりたったことを思い出します。
今それが実現しているかと思うとなにやら感慨深いですねえ。
この回はテーマが「名前」。名は体を表すということで何故かヘルス関係(っていうのか?)の
店名をみんなで考えようというもの。深夜番組だからって流れが無理矢理過ぎないかい?
既存のヘルス関係店の店名を書き連ねたボードを司会の爆笑問題が出すと、
いや凄いネーミングですねえ〜!笑えます。名付け親のセンスが光ります。
やっぱここじゃ書けないですけど。
もうオダギリ氏、前のテーブルに突っ伏してしまいそうな勢いの前のめりで笑ってます。
困ったときの「ヘの字眉」で笑い声にならないほど大爆笑。息継ぎも大変そうです。
やっぱ笑ってますよ、この時。三谷さんが第一印象「よく笑う人」というのは間違いじゃありません。
で、客が来ない2店の店名をみんなで考えてます。
まずは「素ま○」?が売りの店。
●リーダー「す○たる ヤリナーズ イヂロー」→上手い上手いの大絶賛。
●オダギリ氏「青い 産後 SHOW」→・・・って何ですか、あなた。下ネタにすらなってません。
●三谷氏「ふぐ○の国のアリス」→いいのか!?いちじく仕様なイラスト付きですよ。
結局リーダー案が採用されて悔しいようなちょっとホッとしたような三谷氏。
次はマット系(どんなことする店なんだ?)の店と言うことで
●リーダー「マット○ キヨシ」→またもや周囲から大絶賛です。隠れた才能発掘。
●オダギリ氏「バックちゅう」→いいですいいです、期待してませんって。
●三谷氏「マットでおまかせ」→真剣に考えた・・・ということではありましたが。
2店舗目もリーダー案に決まり「もう1週間下さい」と三谷さん引き下がりません。負けず嫌いですか?
このとき三谷さんは映画「みんなの家」の宣伝で出演されてたようです。


最後のコーナー、バーテンダー姿で真剣に「ブタの貯金箱」を振りボケるオダギリ氏。
アルバイトでやっていたというだけあって手元のブーさん以外はサマになってます。
当時オダギリ氏が口癖のように「エロスエロス」と言っていた割に本当は下ネタが苦手分野で、
あらゆる場面で発言に困ってごまかし笑いをする姿が存分に見られた回でした。
今回の相談メールの内容までも、
「主人が無計画で困っています。無計画すぎて子どもが4人います」という下ネタ関係でした。
「その瞬間に腰をひいてしまえばいい」などとても役に立つとは思えない提案をする爆笑問題
オダギリ氏は柔らかい笑みを浮かべたまま「でもタイミングが難しいですよね」とサラリと
言ってのけ、最後にチラリと大人の余裕をかましたのでした。
名物太田さんのコラムとか他のコーナーもありますが、
オダギリ氏中心の感想に絞りまして割愛いたしました。
このころビデオで録画してたんですけど、画質がものすごく落ちて
ところどころ画像が消えているのにビビリました。
マズイ、ヒジョーにマズイです。