oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

もう4時だな〜、このまま起きてようかな・・・

見てて下さい!おれの変身!

[ドラマ]時効警察 第1回

「時効の事件には、おいしいご飯の湯気が似合うと言っても過言ではないのだ」


今やミステリーやサスペンスドラマにはサブタイトルが不可欠ですけど、
こんなにドラマの内容が把握できないサブタイトルは初めてですよ。
そのサブタイトルの不可思議さとおなじくらい不思議なテンションでドラマは始まりました。
テンション・・・・・というか「間」ですかねえ。
私は普段、演劇とかドラマを観ないので余計に新鮮に映ります。


なんといっても霧山修一郎(オダギリジョー)の徹底的なぬるさがもう〜!!!
あの体にフィットしてないサイズ違いっぽい制服や、
スーパーマン変身前のクリストファーリーブスのようなわざとらしい黒縁メガネも
微妙な表情も居心地の悪い間も「もっさり」してますねえ。
このあまりに何もかもスッキリしない霧山という人物はまさに「霧」のように掴めないヤツでした。
謎解きを始める霧山君がおもむろに黒縁を取って『日本を代表する男前 by さんま』の顔が露わになっても、
切れ者っぽさをチラリとも感じさせずもっさり感が全然変わらないあたり、スンゲーーーー!と思いました。
でまた、三日月しずか(麻生久美子)が可愛いんですよ!!
申し訳ないことに大河でしかお見かけしたことがなかったので「大人びた人だなあ」くらいの印象しかありませんでした。
髪を2つ結びにし、警察の制服を着たしずかちゃんが軽くにらむとそりゃもう可愛いのなんの!
「トレンチコートを着た刑事(←え〜時空警察の方です)」や「恐ろしく顔色の悪い同僚」「絶対いなさそうな鑑識」など、
個性的な登場人物達はどこかアニメっぽくて、2〜3頭身のフィギュアにすればガシャポンで売れるんじゃないかと思いました。


で、謎解きの方は・・・・・・アレッ?みたいな。
いや私、ミステリー系全然読まないし見ないんで他と比べようがないんですが、
正直を申せば凝りに凝った人物設定の割に、謎解きがあっさりしてたなという気がします。
むしろ人物設定で力を使いすぎたか?
テーマを掲げ視聴者に問いかけたり、制作側のメッセージを伝えるドラマではないようなので、
しばらく生ぬる〜〜く様子をみようとおもいます。
<今週の名言>(来週はあるのか〜?)
「あっ、それは違うと思います。by 霧山」
不謹慎ながら霧山君口調のこのセリフを「オーラ」で言ってみたらどうなるか?とか思ってしまいました。
イラストはマジ絵にするか落書きにするか検討中です。

時効警察は1回目より2回目のほうが面白いと断言できるのだ

時効警察、2回目の鑑賞は娘と一緒でございました。
娘は最初からとばして大笑い。
あれ???1回目より面白い。
1回目には気付かなかった小ネタもあったり
妙な間やセリフもなぜか2回目のほうが断然面白かったです。
娘につられたかなー。
娘はちょっとブラックでコメディなデジマガオダギリの大ファンなので霧山君はOKらしいです。
そんな娘は太一君の出る「オーラ」を見つつ、彼以外のホストに毒づいてました・・・・。

情報を頂きました!(ありがとうございます〜)

◎撮影終えた「パビリオン山椒魚
http://www.yomiuri.co.jp/entertainment/cinema/topics/20060113et09.htm
もう以前に話しを聞いていたので、クランクアップしているものとばかり思ってましたが、
今頃終わったんですねえ。
「150年生きたオオサンショウウオを巡るサスペンス形式のコメディーだ。」
って、ぜっっんぜん想像できないんですけど!
ちなみに私の故郷の町には「世界第2位サイズのオオサンショウウオ」がいますが、
ほとんど恐竜です。

web拍手メッセージへの返信です

>ふっふっふ。
 あのセリフの力の抜け具合はそれまでの全てをひっくり返すほどの威力がありましたねえ。
 表情といい間といい最高です。
 私も笠松ひろみ(東ちづる)なみのポカ〜〜ン顔になっちゃいました。
 あの緊張感のある場面でこのセリフが出たらお二人のポカン顔が見られるかなと。
 想像したらムチャクチャ見たくなりました。