読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

重版出来! 第6話

オダギリジョー ドラマ 重版出来

漫画家という職業に就きたいから漫画家になるのではなくて、
漫画を描く仕事だから「漫画家になりたいんだ」
と言うことに気付いた東江絹ちゃん。
いつの間にか大好きな漫画を描くことよりも
漫画家になる事が目的になっていたようです。

http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/ep6.html

安井さん(安田顕)に食ってかかる心(黒木華)は、
説得しようとか改心させようとかじゃなく、
ただただ腹を立て、納得出来なくて怒っている。
ドラマ終盤、安井さんはライフスタイルを変えることなく今までの安井さんだし、
東江さんも転じて大チャンスが巡ってくるワケでなく、
中田伯(永山絢斗)は何度描き直ししても一足飛びには上手くならない。
今までのドラマのように主人公と関わることで何かが劇的に変わる事も、
主人公が導いたり人の人生を振り回す事も無い。
だから重版出来の登場人物は、
心の懸命さを見て思う事や影響される事はあるけど、
東江絹ちゃんのように、そこからどうするのかは自分で決めている。
このドラマはその塩梅がとてもいいのであります。

理想だけで仕事が出来る人は、この世にどれだけいるのだろう。
いい作品を作る事だけに向き合える人はどれだけ幸せだろう。

いろんな登場人物の顔が写し出され、被る言葉は、
俳優さんや、ドラマ制作者、視聴者みんなに向けられた言葉のように思えます。
でも誰もが持っている理想は、同じ方向を向いているわけではなく、
自分の思い込んでいる「理想」「いい作品」よりも
互いの理想がぶつかり、競い、削りあうからこそ、
自分が想像の付かないものが作れる事もあるんじゃないかと思います。

イラストは後日です。

〜〜〜〜〜余談〜〜〜〜〜
ワタクシたちは日本一「数字」に悩まされているクラスタかもしれません。
しかしこのドラマは、まったく数字の推移が気にならないのであります。
熱意、興奮、この作品が制作者さんたちに大切にされ愛されているということに、
とても安心しています。