読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

ローン返済への道のり 6「聖なる泉枯れ果てる寸前」

【前回までのあらすじ】
小次郎(小次郎)が家のローンのステップ返済を銀行に申し込んで早1年半。次々と思わぬアクシデントに見舞われ、事態収拾への糸口が見えないまま月日だけが過ぎるのだった。すっかり諦めムードの漂い始めた二度目の春、一括返済案を提示され、解決への道筋が。青空を仰ぎつつ久しぶりに明るい笑顔を見せる小次郎だったが…
http://usagitokeme.hatenablog.com/entry/2016/04/02/082140

「どうせ4月に入ったら『ちょっと手続き上、4月返済は難しくて』とか言い出すんでしょ?」
と、ワタクシが銀行さんにすっかり疑心暗鬼になったのは、
それまでに幾度となくプランのドタキャンをされたからであります。

  • 「お義父さん所有の建物の名義をご主人に書き換えたら本店に話しを通しやすくなる」→書類を揃えて提出するも、本店には提出されてさえおらず。
  • 「お母様がいらっしゃるところで書類の書き換えを」→義母の入所している病院に許可をもらい、指定された日に有休を取るもドタキャンが2回。
  • 「3月の終わりに一括返済」→3月は年度末だからと4月まで延期。


連絡の無いまま4月の2週目に入った頃、
4月の引き落とし日に一括返済ということで、と連絡があったのであります。
え!マジでローン返させてくれるの!?(ちょっと思考が変)
「つきましてはご主人に今週中に書類を書いて頂きたいのですが」という銀行さんに
「新学期の始まった今週は、もう土曜日しか空いておりません」とワタクシ。
や、土曜日は休みなのでちょっと無理ですねえ…と薄ら笑いの(に見えた)店長代理。
(゚Д゚)ゴルァーーー!今までどれだけそちらの都合で休みを取ってると思ってるんだ!
しかも10年前にローンの借り換えを勧められたときは、
土曜日に幹部二人して自宅にお出でになったぞ!
返すときは土曜日ではダメとはどういうワケなんでい!
全ての口座を解約してやる!
と思わず黒目になるワタクシでありました。