読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

いまさら『嫉妬の香り 第3話』 秘密の宿 裏切る夜

ドラマでは、たまに登場人物がネタ化する瞬間が訪れる。
最近ではクールなチェイスがプロジェクター化して大きな話題になったが、
(偏った例えですまんでつ)
ワタクシの記憶が正しければ、マコちゃんの場合、ケーキで足を滑らせた時であったと思う。
自身の身体を抱きながら声なき叫びをあげるマコちゃんの姿がネタ化を後押しし、
その日の掲示板で話題になった覚えがある。
ネタ化したキャラは、ドラマ本筋とは違うところで面白がられ愛される傾向にある。
ドラマでのマコちゃんの初期設定がどうだったかは知らないが、
その後の彼のやりたい放題を見れば、
視聴者の中に生まれた変化を敏腕プロデューサーが察知し、
キャラとして新たな輝きを得たマコちゃんを好きなように泳がせることにしたのではなかろうか。


あとのややこしい方々は、とにかくややこしい限りである。
早希しゃんとテツシは自分たちは先にいたしておきながら(言い方)、
政野とみのりが別荘に居たと言うだけで2回目のフライング。
1回目の失敗から学習せんかい!
昨今フライングも2回目でレース失格なのよ!
別荘と知ってるのに「秘密の宿」とか、裏切ってないのに「裏切る夜」とか。
そんなに心配なら、2人とも最初から軽井沢に付いていくと言えばいいだけなのに
あーもー、なんという面倒くささ(で、お終いか!)


髪やヒゲを整え、スリムなスーツに身を包む若きオダギリ氏は、
瑞々しさと透明感に溢れ、硬さも鋭さもキラキラと美しい。
しかし、いつの時も今現在のオダギリ氏がやっぱり最高だよな!と思うのであった。