読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

東映特撮公式配信記念『EPISODE35 愛憎』

ドラマ オダギリジョー 仮面ライダークウガ

揺らぐ空気の中に茫然と佇む五代。
太陽のように温かく確かだった「五代雄介」という存在が
幻だったのかと思うほどに儚く、
ゆらゆらと輪郭線が滲んで、今にも崩れて無くなりそうです。

それから一週間、ワタクシの悶絶、混沌具合といったら、
親友に長い長いメールを送りつけ、
え…見てないからよくわかんない…と引かれ、
ちょっとまてワタシ、これはフィクションだ
自らに言い聞かせたくらいでありました。

「ヒーローは間違いなく正しい」が大前提。
同じ力でもヒーローが使えば「正しい攻撃」、敵が使えば「愚かな暴力」。
敵に与える攻撃は、正しくない行いをした者への罰で、
子どもの頃に見ていたヒーローたちが敵を倒した時は、
ざまあみろ的にスカッとしたものであります。
しかし叫びつつ殴り続けるクウガの姿は、徐々に敵のグロンギと重なり、
後に残ったのは恐ろしさと虚しさだけでした。
クウガという作品において、相手をやっつけるということは、
互いに殺し合いであると初めて実感したのであります。

時間や日にち、武器、理論、人物設定など徹底的にリアルに拘り
過去のヒーロー番組のお約束を一度壊すことで始まったクウガ
一番に壊したのは、ヒーローが使う力は全て正しいという、
今まで疑問さえ抱かなかった、私たちの思い込みだったような気がします。