読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

東映特撮公式配信記念『EPISODE34 戦慄』

いよいよか…とTL上で洩れるため息。
クウガファンは放送回で内容を覚えていることが多いのですが、
34・35と聞くだけで、再視聴のファンが「ああ…」と無言になる、
ジャラジ回のゲゲルがついに始まりました。

被害者はすべて同じ学園、同じ学年の男子高校生。
被害者に接触して「四日後に死ぬ」と死刑宣告し、
目に見える形で被害者の周りをウロウロして恐怖を煽る。
宣告されれば死を待つしかない学生とその家族、
次は自分の番か怯えながら待つ者、
為す術もない警察、
すべての人々が絶望と苦悩を味わう様子を
楽しげに眺めるジャラジは、
あのグロンギ集団の中でも最悪の外道として描かれています。

ジャラジの嗜好の異常性はもちろん、
冒頭の高校生や怯える高校生の演技が真に迫りすぎて、
当時子どもだった人や、同じ年頃だった視聴者には、
特別なインパクトを持って覚えられているようです。
その当時、十分に大人だった私が真に震えたのは、
次回35話になります。

オダギリ氏が後に
「本当にグロンギがいるんじゃないかと思った」
と語っていましたが、
この頃の五代は素痩せて目の下の影も濃くなってきたため、
サイトや掲示板で心配する声が上がっていた覚えがあります。
一週間に一度、リアルタイムに一年間続くドラマ。
ストーリーが深刻さを増すにつれ、
視聴者の方も現実とドラマの境が
徐々に分からなくなってまいりました。