読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

NHK放送90年ドラマ『経世済民の男 高橋是清』

http://www.nhk.or.jp/dsp/keisei/korekiyo/
オダギリジョーが17歳から83歳まで演じるという事以外、
まったく高橋是清という人に対して知識のないまま視聴。
最初の数分で、「是清」は森有礼というエライ人の援助を受けている
書生の身でありながら、
酒飲みの遊び人で性は陽気で剛胆、みんなに呆れられながら好かれているという、
どうしようもなくカワユイおバカさんであることが判明。
テンポ良く物語が進みながら、最小限のセリフで最大最良の情報が頭に入ってきます。
窮したときや誤魔化そうとした時に「えー」と言いつつ白目を剥く癖で
是清の個性が見えたり、
「形に拘るな」という言葉(後半にも出てましたが)に彼の信条を感じたり、
説明セリフやナレーションに頼らず視聴者に届けるワザ、
いやもうホントにお見事。

是清:奴隷に売られました(´∀`)」
皆の衆: ( ゚д゚)ポカーン
時間の制約がある中、是清が奴隷に売られた史実を
ギリギリのサイズで効果的に入れたのでしょう。

しかし遠い外国の地での人種差別や過酷な労働、辛い目に遭いつつも、
問題をクリアしていくうちに周囲の人々に徐々に認められ受け入れられていき、
異国の女性との大恋愛(この辺はフィクションでかまわん)などのエピソードを挟み
知恵と勇気と愛嬌で乗り越えていく是清を見て、スカッー!としたいじゃないですか!
オダギリジョーで!
森有礼谷原章介)や親友信吾(風間俊介)とのダメダメなやりとり、
妹かね(松浦雅)の妄想に振り回される兄(←私の妄想)、
望んでもいないのに、気がつけばいつも中央に引っ張り出され、
困り顔になる是清を見たいじゃないですか!
オダギリジョーで!
私は見たい見たい見たい!!!(わがままか)

わずか1時間で得られる満足感があるからこそ余計に、
そういう細かなエピソードの積み重ねから世の中の大きなうねりまで、
同じスタッフさんとキャストさんで見たかったよなあと残念に思うのであります。
是清は後編も速度を落とさず、一気に人生を駆け抜けるのでしょう。
振り落とされない様にしがみつきたいと思います。