読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

東映特撮公式配信記念『EPISODE4 疾走』

亀山と何食わぬ顔で話しながら、エレベーターに乗った途端、
痛みで前屈みになる一条さんのシーンは、
DVDの特典映像でオダギリ氏にからかわれていた部分ですので、
詳しくお知りになりたい方はDVDをお買い求め下さい(営業かよ)

一般人の五代を巻き込みたくない、しかし五代しかいないというジレンマ。
「自分が大切だと思うものを守りたい」
軽はずみに見えた五代の芯の部分を見抜く一条さん。
さすが雑踏から五代を見つける神眼を持つリント最強戦士。
「五代雄介、俺についてこい」
一条さんが全力で五代のサポートをし、共闘するだけではなく、
五代の命、人生ごと背負わなくてはならないと決めた瞬間です。

開発が進められていたトライチェイサーを無断で五代に渡す一条さん。
長野から東京へ来たばかりで、仲間内でも浮いていたハズなのに(おい)
まったくムチャしやがります。
こと五代サポートのためには、全てのストッパーが外れるコワイ男です。
警官から白バイを奪ったり、まだ貰えると決まったわけでもないのに、
当然のように跨るどこかずれた五代とイイコンビです。
悩んで悩んで悩んで、その場で決心した様に見えて、
トライチェイサーのパスワードがすでに五代の誕生日で設定されていたのは、
「ダメだ!アイツを巻き添えに出来ない!絶対阻止するぞ!
 あ、でも念のため用意だけ…」
とか言いつつ設定したんでしょうか?(と聞かれてもね)

これでもかこれでもかとワザを繰り出す圧巻のバイクアクション。
トライチェサーを降りて追いかけた方が早いじゃないかと思いがちですが、
メビオは時速270kmで疾走するため(pixiv百科事典より)、
赤のクウガでは追いかけきれないからであります。
それにしては2人の移動が遅く感じるのは、
監督がスローの魔術師、渡辺さんだからです。