読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

東映特撮公式配信記念『EPISODE3 東京』

TLを賑わせておりましたが、
五代のまるっこくてかわゆい字は脚本家の荒川さんです(だったと思ふ)

とにかく亀山くんの一条さんラブがうざい。
愛情が過ぎて、一条さんの命を危険にさらすほどです。
何度も電話してきて「今どこにいるの?」じゃ、

「またお前か!」と言いたくもなります。
しかし当の一条さんは、アイツ(五代)が事件に関わらないようにすることで
頭が一杯のようです。
東京にグロンギが出たと知って、「早まるなよ五代!!」と走り出し、
オイオイ長野から東京まで走る気かよwと当時掲示板でやじられておりましたが、
一条さんならやりかねません。
…じゃなく、やります(断言)

対策会議のグロンギの画質が悪すぎ。
今ならリアルタイムで高解像度な画像や動画がSNSにあがり、
加工されまくってるんだろうなと
こんなところで15年間の時代の変遷を感じるのであります。

雄介の妹、みのり登場回。
みのりっちと雄介の血の繋がり感が滲み出てますが、
一人っ子のオダギリ氏が兄妹に見えるようにと
みのりっちにメールのやりとりをする提案をしています。
(有名なエピソードなのでご存じだと思いますが)
日頃から兄妹として接っしている嘘のない関係性が、
画面から伝わってくるのでしょう。
その関係は、役を降りた後も続き、
つい数年前、みのりっちの結婚式に出席、祝辞を述べたようです。

http://ameblo.jp/dm-kanon/entry-10380340773.html

 

警察から銃を向けられる変身した五代。
得体の知れないグロンギの仲間扱いです。
五代のどこかすっとぼけた様な明るさに誤魔化され、
私もまだこの時は、五代の置かれた立場やこれから起こる事の不安を
一条さんほどには感じておりませんでした。