読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

『アリスの棘』 第4話

過去の中だけで生きている少女の名前が明日美。
皮肉なものであります。
実際の彼女は「少女」ではないけれど、
過去の中で生きている彼女は少女のままのようです。
また桜や虹など、一瞬眩いほどに光り輝く美しいものと
明日美の闇が常にリンクするのも痛々しい。
光が眩しければ眩しいほど影が濃くなるように、
彼女の闇の深さを表す様であります。


協力し半分背負うと言う西門に半信半疑な明日美。
ツイや感想を拾うと、視聴者にも全面的には受け入れられていないようです。
互いが利用しているつもりで、ひょっとして利用されているのかもしれないし、
または2人の様子をジッと見つめる大きな力に
彼らはいつの間にか利用されているのかもしれません。
物語はまだ折り返しにも来ていないのであります。


初回、視聴者をアッといわせた驚くほど手際のよい見事なリベンジ、
しかし回が進むにつれ、明日美の真っ直ぐな復讐は、
彼女の心の揺れが生じる中で様々な障害にぶつかりながら、
右へ左へと微妙に曲がりつつ速度を落としてきました。
これは最初からスカッとする小気味の良い復讐劇ではなく、
主人公にいつの間にか心を寄せた視聴者が、
明日美と同じく藻掻き、葛藤する物語かもしれません。
すると最終話、明日美と私たちが手にするものは何なのか。


さて、役でオダギリ氏が綺麗事を言うなと言われたのはこれで2回目であります。
雨雲の向こうの青空を明日美に見せる役割は西門なのか?
雨の後の虹を明日美は誰と見るのか。
そこのところ、個人的には結構重要なのであります(なんのことやら)