読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

仮面ライダーディケイド 最終話

うわー!なんてところで終わりやがるっ!!
これでやっと1話に戻ったってことか!
巡ったライダーの世界が消滅するということは、ディエンドの世界も消滅するんですよねえ?
常に一緒に行動して味方だったユウスケでさえ、門矢士に組する事を躊躇ったのに、
海東に全く躊躇がないのは、門矢士>自分の世界 という強い友情と信念があったからなのか、
単に何も考えてないからなのか?(あまりに失礼)
それともディエンドは、他の平成ライダー達と違う存在なんでしょうか?
つーか先週から海東君、どうなってんだ!
目障りだと思っていた男子のピンチに「あれ?ひょっとして好きかも・・・?」と気付き、
思わず叫んじゃうツンデレキャラのラブコメ王道のような展開。
娘、ニヤニヤするんじゃない!


オリジナルクウガの放送中にも、イメージでしか現れなかった黒目アルティメットクウガが、
すんなり現れた事にガッカリしつつも、カッケー!と思わず呟いてしまいました。
一番知りたかったディケイド、門矢士の存在の秘密は、想像通りテレビ放送では明かされず。
「通りすがり」ということは、出発地があり、終着点があるハズ。
どこからきたのか?何の為に生まれたのか?
ディケイドの終着点はどこなのか?今上映している劇場へすっ飛んで行けば分かるのかと思いきや、
TVではショッカー満足度200%、イカデビル3回泣いたという12月公開の劇場版の予告がっ!
12月!?
たくさんの謎を残したままの最終回。
視聴者の旅も、まだまだ終わりそうにありません。