読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

明石家ウケんねん物語その1(2001.10.23)

映画「Platonic Sex」の宣伝でワンコーナーの出演です。
カウンター席のオダギリジョー加勢大周の2人に今田耕司扮するバーテンダーが話を聞いてます。
加勢さんの女の子を夜の仕事に引っ張り込む役どころを「悪いヤツだねぇ」と云うさらに悪人面の今田さん。
「金の亡者ですよ」と横からオダギリ氏。
「それで生活成り立ってるわけですから、ボクは。」と、まあ加勢さん役になりきってホントにそれらしいニヤリ顔。
スゴイですねえ役者って。
「ボクは彼女を救い出す役で、ボクがプラトニックですよ。」
言ってることがよく分からないけど、やや自慢げなのが可笑しいオダギリ氏。
「いい役だねえ、ふざけた服着ちゃって」と今田さんにつっこまれてますが、
その後を思えばもうあなた(ダレよ?)、おとなしいくらいです。
幅の狭い黒いストライプのピタピタニットの上に襟元がゆるゆるタートルの黒いエプロン風ベスト。
(書いててワケわかんないですね)ピタピタの上のゆるゆるが妙に色っぽいです。
髪型はオダギリ氏には珍しい前髪おろしでいつもより若く、可愛らしく見えます。
映画のワンシーンの台詞を台本を持って今田さんが読むと「いや、いいじゃん、ねえ」と加勢さんに同意を求めるオダギリ氏。
う・そ・つ・き!またテキトーに誉めてますよ。
そこへネクタイを頭に巻き土産を手に持った見事な酔っぱらい客の明石家さんまさんとココリコの2人組。
入ってくるなり今田さんの台詞回しや容姿をボロクソに。
「いやまあ、この2人と比べられると・・・・」と心外そうな今田さん。
さんまさんが「オットコマエやね〜!」とゲスト2人を持ち上げると
「どうせいじって(整形)んだよ、こいつら。生まれてきてそんなワケねーじゃん!」とゲストの顔を指さし今田さん逆上。
さんまさんの上手いトークにゲストの気楽さからかリラックスしてよく笑うオダギリ氏。
ここで『加勢さんがオダギリジョーを見て欲しいと思ったモノは何でしょう』というクイズが出題され
場所をバーから答えとなるグッズを並べた小部屋へ移動。答えはオダギリ氏も知らされてない様子。
1は、ココリコの田中さん解説によるとエルメスの「フールトゥー」(あってますかー?)というバッグ。
2の靴は「ルイヴィトンじゃないですかね」とまたまた田中さん。
3は、「オダギリズム」「t」「実写」などのオダギリグッズ。(こんなもん加勢さんが欲しがってどーする!)
4は飛ばされ、5は豊かなバストの金髪美人。挨拶する今田さんは「Where are you from?」の一言で撃沈。
7は、めんつゆと冷や奴。
「だいたいボク、しょうゆをかけるものにはめんつゆをかけるんですよ。卵料理とかつけものとか」
めんつゆを熱く語るオダギリ氏。
「お刺身にも?」今田さんが話を広げようとすると
「いや、あの、お刺身は・・・・しょうゆ・・・」と情けなくあやまるオダギリ氏に「てっきりそうやと思うがな!」
とにかくこれだとオダギリ氏はめんつゆをプッシュしてます。
8は、脂肪燃焼をするマッサージ器。製品の営業マンの様に説明する田中さんは思わずメーカー名を言って口止めされました。
9は、筋肉をつける機具。(オダギリ氏これもらっとけば良かったですねぇ・・・などと言ってみる)
さんまさんは
「オダギリ君はよく『踊る御殿』に出てくれて、この間は金髪にしてたんですよ。
理由を聞くと何もないと言ってたけど、実は外人の女の子とつきおうてると」と推理し、
だから答えは金髪のお姉ちゃんだと言いつつ、ホントは理由なんかどうでもいいんですよ、たぶん。
金髪美人を横に連れてきたかっただけに違いないです。「ぜっんぜん違います!」案の定全否定されてます。
ココリコ遠藤さんが選んだのは1番のバッグ。(なぜ〜)
ここでさんまさんが割り込み、さんま御殿で披露した「伝説の換気扇はずしの女性」の話を持ち出して
「そういう気の強い女性にはこの高級バッグを・・・」って、さんまさんこれは遠藤さんが選んだ答えですよ。あなたは金髪美人。
ファンにはもう有名な伝説の女性とは
「ボク、居留守を使ってたんです(しゃあしゃあとまあ悪気もなく)が、換気扇はずして入られちゃったんですよ。
一言目に言われたのが『警察呼ぶなら呼びなさいよ!!』」というもの。
(他に「恐怖の包丁事件」というものもありますけど、ここでは出ませんでした。)
芸人さん達も驚く女性との別れベタをみると、ご本人も斎藤同様も恋愛ベタですな。(決めつけ)
ココリコ田中さんは「脂肪燃焼するマッサージ器」。
「今、いいタイプの体だと思うんですよ」とオダギリ氏を振り返る田中さん。
「加勢さんはそれでもっと自分をしぼりたいと」と選んだ理由を説明。
結局答えは田中さんが正解。
「30過ぎて体重が落とせなくなったんですよ。で、25才だから(オダギリ氏)すぐに落とせるのが羨ましくて。」
オダギリ氏を振り返って「30過ぎたら絶対(体重が)付くからね!」と不吉な予言・・・いや貴重なご助言。
オダギリ氏と差し向かいで助言してますが、カメラに背を向けてはいけません。
加勢さん、思わずカメラ回ってるの忘れてませんか?楽屋で話してるんじゃないですから。
果たして映画の宣伝になったのかどうか・・・。
でもこうして振り返ってビデオを見てみると、今大活躍の芸人さんたちと結構一緒にテレビ出てたんですねえ。
ツッコまれるのが嬉しいボケ役オダギリ氏は、たくさんのツッコミ上手に囲まれて大層楽しそうでした。