読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

100%キャイーン(2002)

日頃から見てなかったのでどんな番組か全く覚えてなくて、このビデオを手に取りました。
番組名の通り司会はキャイーン、ピーコさん・関根勤さん・黒沢年雄さん・小橋賢児さんがゲスト・・・・と思いきやこの4人はレギュラー。ゲストはオダギリジョー氏1人だったようです。
この日の衣装は鮮やかな朱赤のピタピタニット系?に
首には粗めの毛糸で編んだマフラー(というより首巻き)をしてます。
(すみません素材はよく分からないです)
髪型は相変わらずリーゼントですが毛先がクルクルしててピンであちこち上げ止めしてます。
サイドがかなりスッキリした印象なのでカメラがひきで撮ったとき頭の小ささと肩幅の広さが
スタイルの良さを際だててます。
ウドさんに「おれの若い頃に似ている」といわれ笑顔全開。(必殺!)
さらにアシスタントの山口紗弥加さんがゲストがらみで
「ヘ〜ンシン!あ、クウガクウガクウガ」と相撲のツッパリもどきで手を押し出す動きをすると、
会場+オダギリ氏、大爆笑。このころホントに良く笑ってますねぇ。
この番組も基本的にレギュラー+ゲストでビデオを見ながらコメントする構成で、
例によって右上の小窓に映り、笑い顔を見せるくらいです。
「団地 DE バンゴ」「漢字検定に挑戦する」などのビデオが長々と流れているなか
時々スタジオにカメラが代わってゲストとレギュラー陣の様子が写ります。
途中のレギュラー陣のコメントなんて覚えちゃいません。
コメントに大笑いしているオダギリ氏のスタイルの良さをボーッと見ておりました。
ほとんどメインの画面に写らないまま最後のゲーム「ウドロボゲーム」へ。
このクイズはオダギリ氏が考えたということなのかな?(スタッフが用意したに違いありませんけど)
2つに別れた司会+レギュラーチームにオダギリ氏が観客席の一番前でヒントを出しています。
ピーコさんが
「オダギリ君の考えそうなことすぐ分かった!」というと
「ホントですか?」とオダギリ氏。
ピーコさんがさらに何か言いかけたとき「ちなみにこれ・・・・」とオダギリ氏がさえぎると
ピーコさんすごい勢いでオダギリ氏の方を向き直り「うん?ん?ん?」
普段のピーコさんなら「今私がいいかけてんの!」ぐらいのことは言いそうですけど、
あまりのリアクションの良さに隣の小橋賢児くんが「すごい食いつき」と冷やかしてます。
小橋君の言葉に反応せず、ピーコさん「ちなみに何?何?」とひたすらオダギリ氏だけに話しかけてますよ。
促されてさらにヒントを回答者達に与えるオダギリ氏ですが、え〜私は聞く前からすぐに分かりました。
おそらく会場のみなさんもみ〜んな分かってると思いますけど、
ゲームを盛り上げるためにかなり出演者の皆さん頑張ってました。
今年の初めにおすぎさんの番組にオダギリ氏はゲストで出てましたが、
前にも一度バラエティーで一緒だったハズだと思っていたのはピーコさんの方だったんですねえ。
だとするとこの兄弟2人に気に入られているということですか。さすがくせ者。
しかしレギュラー達ががレポートするわけでもなし、芸を披露するわけでもなし、
なのに何故あんなにいるのか分からない???番組でした。