読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

ロンブー龍 VS 松崎しげる編 その3(2001.3?)

大河の感想が間に入ったりして、今日初めていらっしゃった方はなんのこっちゃでしょう。
日記とは言い難くなってきました。感想置き場になりつつあります。
感想その3。


熱海から小田原を目指す2人(ロンブー淳&オダギリ)は繁華街で「チーム歌と筋肉」を
見つけるとタクシーを降りて交差点を横切り偵察に行くんですが、かなり笑える格好ですよ。
全身白タイツ+赤い髪+赤マフラー+変身ベルトですからねえ。
初島と違って通行人や見学人が相当います。
決して「オダギリジョーがロケを!!」と集まった見物人じゃありません。
若手芸人が何かやってるという認識だったでしょう。
敵チームの「歌と筋肉」はここまで一切触れておりませんが、
そりゃあ見事なジゴロっぷりですよ。
松崎さんのギターと即興の歌はもう無敵!自分の為だけに作ってくれた歌を
自分のために歌ってくれるんですから。しかもウマイ!
そんなこんなで貢いでもらったハデなドテラを着て全身タイツをカモフラージュしてます。
(まあドテラも相当恥ずかしいですけど・・・・)
トラックの荷台の陰からコッソリ様子を伺う2人を敵も見つけ、
「あいつらまだあんな格好だよ」と大笑いのロンブー亮
しかも赤い頭のオダギリ氏に気づき
「なんだよその頭、俳優どーすんだよ!」と心配するも
「そっちこそビートルズ来日みたいになってるじゃないですか!」
と珍しく上手いツッコミのオダギリ氏。
ってよく知ってるな〜。私だって来日をリアルじゃ知りませんよ。
服を羽織った相手チームをみて自分達も服が欲しくなったチーム肩幅は
遠巻きに自分達を囲んでいる人盛りの中からピンとくる女性を見つけ洋服屋で帽子をゲット。
次の洋服屋でハンガーに掛かったベージュの七分丈ショーツを自分にあててみるオダギリ氏・・・・。
この頃のあなたを見返すと今のポジションはとても想像できませんでした。
ターゲットに「え〜、私が払うの〜?」などと怪訝な顔をされながら、
どうにか2人分のズボンを手に入れました。
女性に奉仕するという姿勢はもはやどこに見られません。おねだり、そうですおねだりです。
取りあえず全身タイツから逃れられた2人は再びタクシーに乗り込み大磯駅を目指すのでした。
いつ終わるんだ!


昨日から仕事完全復帰。
私が出社するのを見てましたね、見てたんでしょう?
でないとあんなに急に仕事が立て込む訳がない!