読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

オモヒノタマ ECHOES

映画 オダギリジョー

出演  佐藤 慶・横山通乃・結城貴史・オダギリジョー  他


ストーリーは臓器売買で孫娘を殺された老夫婦(佐藤 慶)とその双子の妹の復讐劇。
オープニングのクレジットでまず3番目の「takashi YOUKI 」にビックリ!
悪友(かどうかは分からないが)の結城貴史くんか!
サンチュくん同様時々姿を見れると嬉しいですな。
で、ラストにand joe ODAGIRIですよ。感慨深い・・・。
ストーリーは私個人的には「なんじゃそりゃー!」という感じで、
ツッコミどころ満載でした。
○河原でゴミ袋から切断された腕を見つけた男の子。
 何故オドロキもせず平然と釣りバケツに入れて持ち歩く!
○老夫婦はまた穏やかに「これは私の孫の腕なんだ」と譲渡を申し出る。
 何故悲しみもせず、怒りもせず無表情なんだ。
○腕を渡す代わりに何かくれと見返りを要求する男の子。
 浦島太郎の亀を助けてんじゃないんだぞ!
○おじいさんは遺品のメモから犯人はいれずみをした男と確信。
 手弁当で都会を何十年歩き回っても見つかるもんか!
 (でも見つかるんですねえ〜)
一方双子の妹は犯人のオダギリ氏(草太というらしい)の部屋を尋ね、
何食わぬ顔で誘惑。このオダギリ氏はフワフワ頭でピタピタジーンズ。
スタイルの良さが際だって、普通の格好がものすごく新鮮です。
この2人のキスシーンがストーリーの合間合間に入るんですけど、
濃厚で官能的なんですよ。お話しの間中ひたすらキスしまくりです。
妹が草太を車で老夫婦のところへ連れて行き、
不思議な能力を持ったおじいさんに上半身を吹っ飛ばされてしまう。
このおじいさんと草太の数秒の見つめ合いで、
オダギリ氏は見たこともないほど冷酷な笑みを浮かべるんですよ。
いつも予想しない表情で驚かせてくれます。
復讐を終えたおじいさんと妹は何事もなかったように
夕暮れの河原をあるきながら今夜の夕飯の話なんぞしてるんですね。
何だったんだろう??????
私普段ホラーは見ないんで分からないんですがこんな感じなんでしょうか。
登場人物の感情は一切画面に現れず淡々と話が進み、役名さえ「ゆみか」以外出てこないんですよ。
目の離れた女の子の妙な存在感とオダギリ氏の徹底した暗さ(黒さ)が印象的な映画でした。