oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

ローン返済への道のり 6「聖なる泉枯れ果てる寸前」

【前回までのあらすじ】小次郎(小次郎)が家のローンのステップ返済を銀行に申し込んで早1年半。次々と思わぬアクシデントに見舞われ、事態収拾への糸口が見えないまま月日だけが過ぎるのだった。すっかり諦めムードの漂い始めた二度目の春、一括返済案を提…

重版出来! 第5話

人生の岐路には聖なる予言者が辻辻に立って、「本当にそれでいいのか?」と問いかけるらしい。http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/ep5.htmlでも予言者は常に自分の回りに在るような気がします。久慈社長の場合は老人と宮沢賢治の書物。普段は素通りし…

重版出来! 第4話

「やってみたかった」「なりたかった」と思う事があれば、過去の事にするな、今すぐやっとけ!と言いたい。 http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/ep4.html何度か人生の幕引きを見てきたワタクシの経験上、人は間違いなく、必ず死ぬ(アタリマエ)。こ…

重版出来! 第2話

「情報誌で何やりたいんだ」答えに詰まる小泉くん(坂口健太郎)。「そういえば私は、いま何をやりたいんだろう?」いつの間にか自分に問いかけていました。http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/ep2.html 和田編集長(松重豊)の宿敵と思われた営業の…

web拍手メッセージへの返信です

>素敵なバースディメッセージありがとうございます! お顔を知らない方々から、いつも気に掛けて頂き、 本当に申し訳無くも有り難さでいっぱいです! 一方的に氏への愛情を垂れ流すだけのブログではありますが、 これからも身体に気をつけ、垂れ流し続けた…

誕生日に生と死をおもふ

毎年の恒例ではありますが、本日ワタクシ、天より一歳ほど頂戴いたします。(つまり誕生日です)そろそろ恒例じゃなく4年置きくらいの間隔でもいいんですけど、来年また同じように年を頂戴出来るかどうかはわかりません。ありがたく受け取りたいと思います。…

重版出来! 第1話

第1話放送後5日目にしてなお、キーワードで遡るのが大変なほどの口コミ(当社比)、録画組、オンデマンド組が多いのか、一日中まんべんなく途切れず、午前中まで遡るとMr.グレープフルーツにオドロキの声があがるという、クラスタにとっては顔が緩みっぱな…

ローン返済への道のり 5「難関!登頂アタック!」

初めは単発もの、また前後編のつもりでありましたが、大河並みの長編どころか、まさかの数年にわたってシリーズ化。1話は2014年12月に記しておりますが、実際はローンのステップ返済の申し入れをしたのがその年の8月です。これまでのあらすじ第1話「しかしそ…

『「検証」~ドキュメント・オブ・クウガ~』を見て

ツラツラと浅く書いているだけですが、これから「検証」をご覧になる方は一応ご注意下さい。〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜10の質問にキャスト&スタッフさんたちが答えるという形式で、どのように制作が進められていたのか、自分が…

五代雄介、41歳!

昨年8月から1月までの怒濤の更新祭が終わり、気がつくと3月中旬。そして今日は五代雄介の誕生日でございます。キバコさんの初孫誕生が3月中旬と聞き、「3月18日まで粘ってくれ!」といって、オダジョーの誕生日ならまだしも、そいつはこの世に本当に存在する…

ルールはルールだ

久々のドカ雪で少ないだろうと予想していた病院の待合室は、時間外で飛び込んだ患者さんが幾人か、すでに順番待ちをしておりました。辛そうに横になっていた発熱顔の老夫婦は診察を終えて会計待ち。職員の男性が老夫婦に「2万3千いくらです」と伝えると、老…

web拍手メッセージへの返信です

>おお、東電にはそんな便利なサービスが!?さっそく中国電力でも調べてみます! 今まで「電気料金のコース」を聞いた事も選んだこともないので、 いろんなコースがあることさえ知らなかったんですよ。 で、深夜料金は安くなるという話しだけ聞いて、 全電…

無知は罪なり 電気料金編その2

知ってはりました?奥様。電力会社に「電気代どうにかしたくて」と電話一本するだけで、前年と比べて一年分をパパッと試算し、ピューッとプリントしてシューっと送ってくださるって。そりゃそうですよねえ。何しろうちの今までの電気使用量のデータをすべて…

誕生日おめでとうございます!

と言い続けて16年!ついに世間的に惑わない年代に突入されましたが、ちょっと(ちょっと?)先を行く先輩として申し上げれば、そんなことは終生ございません。しかし「40歳までは役者を続けていない」と、霧中にいらっしゃった30歳の頃。役者として40歳を迎…

無知は罪なり

前々から思ってはいたものの、相場を知らないし、他人んちと比べた事も無いし、世間一般こういうものなのかと思っておりました、うちの電気代。特に夫婦二人になったここ数年、使う部屋はリビングと寝室の二部屋のみ、昼間は誰もいないし、テレビ画面は9時…

小説クウガの拗らせ方

久々に小説クウガの話題がTLで流れていたので、自分はどうだったかな?と思いつつ検索して見たら、盛大に拗らせていたうえに、どうやら、まだまだ拗らせ中のようでございました。また2年半ぶりに読んでみようかな…発売前→http://usagitokeme.hatenablog.com…

ありがた迷惑さえもありがたい母の愛

お返しの品は、慶事より弔事の方が圧倒的に多いこの頃。包みを開こうと手に取った瞬間、幼い頃に過ごした実家の魚屋の2階住居スペース、6畳和室の畳の匂いと押し入れを唐突に思い出したのであります。押し入れの下には鍋やスプーン類、タオルなどお返しの…

マイナスをプラスにすり替える防御法

2016年は申年らしいですな。(私信:かあさんはまだ呆けてはおらん)というのも、新しい年をお迎えしたばかりのこの時期、ワタクシは来年の絵馬を描いているからで、気分的にはすでに「酉年」なのでございます。幾通りの鶏の絵を描くにあたって、参考写真を…

五代雄介は聖人か

大雪で家から出られないため、ウツラウツラと考えてみました。五代は人間が出来すぎている、聖人のようだとよく聞くけど、その度にう〜ん…と思うのは、当時の評価とずいぶん変わったなあと思うのと(ふにゃふにゃとか、ひょろひょろとか、あんなのムニャムニ…

振り返れば汗が出る それも青春

ツイッターでは流していますが、私が高校生から20代のはじめ頃まで入っていた同人会の主宰者さんから、当時の私の生原稿が送られてきました。同人会といっても、多分今と少し意味合いが違い、小説やポエム、イラストを主に発表する場で、私は挿絵や表紙絵、1…

東映特撮公式配信記念『EPISODE49 雄介』

2001年1月21日、掲示板のクウガスレッドには終了と同時に書き込みが殺到、その多くが青空について言及していました。最終回が放送されたこの日は全国的に晴天。視聴者のほとんどが、同時に青空を見上げていたんじゃないでしょうか。 生存説、死亡天国説、夢…

東映特撮公式配信記念『EPISODE48 空我』

振り向く五代の表情がスローで見えた時、稲妻が突然落ちてきたような衝撃を受けたのでした。 まさに一年間が走馬燈。いろんな五代の顔が瞬時に頭の中を走り抜けました。とぼけた表情や、のんびりとした口調、ふわふわとした空気、笑顔、その下でいつもこんな…

東映特撮公式配信記念『EPISODE47 決意』

ガドルを倒した黒く美しいアメイジングマイティが、予告では雨の中で踏みにじられている。1週間ジリジリと待って本編の冒頭。暗くぼやけた画面、不穏なBGM、炎の中逃げ惑う人々、笑うダグバ、何より今までに無いほど苦痛に満ちた五代の呻き。訪れた静寂の中…

web拍手メッセージへの返信です

>両方とも変身前のシルエットを残こしつつ、 変身後に不自然さが無いようにするのが苦労しました。 五代の方はダグバのタッチにあわせることと、 目に強い決意と静かな柔らかさを出そうと思いましたが、これがなかなかの至難で… クウガ祭りが終わるまでいろ…

web拍手御礼を更新しました

新年の挨拶もそこそこにすみません。様々なカテゴリーが混在するブログで大変見づらいとは思いますが、おつきあい頂ければ嬉しいです(カスタマイズせい!)今年もどうぞ宜しくお願いいたします。怪ラジさんの告知で使って頂いた、ダグバくんらしい(似せて…

東映特撮公式配信記念『EPISODE46 不屈』

衝撃的なアメイジングマイティ登場回。魅力的な造形と圧倒的な強さで人気のあるガドルと事前には知られてなかった(と言われる)黒い姿のマイティフォームに、大勢の視聴者が唖然としたのであります。 「力の素A!見たいなものがガッチガチに詰まっているよ…

東映特撮公式配信記念『EPISODE45 強敵』

装甲の頑丈さが頼みのタイタンで向かうも、ガドルに全く歯が立たないクウガ。それどころかガドルはまるで自分からハンディを負うかのようにクウガの土俵に降りて同じようなフォームチェンジ、同じような武器を使うという煽り様。間合いを詰められ、怯えるよ…

2014年も暮れようとしております、と書いて早一年

http://usagitokeme.hatenablog.com/entry/20141231/1420016596一年前の日記内に書かれた「小次郎家的に決着の付いていないあの件」とはひょっとしてあの件か!?と驚きつつ、今年も抱えて年を越そうとは思いも寄りませんでした。皆様に叱られそうで書けずに…

東映特撮公式配信記念『EPISODE44 危機』

回を追う毎に深刻になっていく物語に、悶えつつ過ごした2000年冬。しかし恐る恐るテレビを点けてみれば、のっけからほのぼのジョギングシーン。思わずコーヒーを吹いちゃいました。「このごろヤツラの戦闘能力がますます上がってきているだろう?」それはア…

東映特撮公式配信記念『EPISODE43 現実』

変身→即解除でバトルの無い、ヒーロー番組としては珍しい回かもしれませんが、1話1話が起承転結のある独立したストーリーというより、最初から綿々と繋がっている大きな流れの中のエピソードなので、この回が特にイレギュラーとは思いませんでした。 何度見…