読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oozy Blog

「小次郎つばめ返し」

重版出来! 第10話

五百旗頭さんと高畑先生が一緒に作り上げたバイブスの「ツノひめさま」か、五百旗頭さんと井上先生がかつて組んで世に出そうとした「ヒッチポッチ」か!?で結局、五百旗頭さん担当の三蔵山先生の「ドラゴン急流」が受賞!!ということは、五百旗頭敬vs五百…

重版出来! 第9話

「彼らの上に幸運を 努力と苦しみに見合うだけの成功を」五百旗頭敬いつもより高めの温かく誠実な言葉。http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/ep9.html発した人の内側から出てきた言葉だと感じたとき、ハッと息を詰めるほどに心を揺さぶられます。中田…

重版出来! 第8話

万年床で牛露田(後田)(康すおん)が紙に向かっていたとき、希望が見えたような気がして一瞬弾んだのであります。それだけにペン先のぶるぶる震えた線がショックでショックで。後田父は漫画への情熱を忘れていたわけじゃなく、気持ちはずっと漫画に向かっ…

重版出来! 第7話

「いままで本気で闘わないまま来てしまいました。」あちこちから「それはわたしだー!」と木霊した(ように感じた)火曜日のTL上。http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/ep7.html才能は才能を見抜く。絵が下手すぎて世間を騒がせた中田伯を最初から怖れ…

重版出来! 第6話

漫画家という職業に就きたいから漫画家になるのではなくて、漫画を描く仕事だから「漫画家になりたいんだ」と言うことに気付いた東江絹ちゃん。いつの間にか大好きな漫画を描くことよりも漫画家になる事が目的になっていたようです。http://www.tbs.co.jp/ju…

重版出来! 第5話

人生の岐路には聖なる予言者が辻辻に立って、「本当にそれでいいのか?」と問いかけるらしい。http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/ep5.htmlでも予言者は常に自分の回りに在るような気がします。久慈社長の場合は老人と宮沢賢治の書物。普段は素通りし…

重版出来! 第4話

「やってみたかった」「なりたかった」と思う事があれば、過去の事にするな、今すぐやっとけ!と言いたい。 http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/ep4.html何度か人生の幕引きを見てきたワタクシの経験上、人は間違いなく、必ず死ぬ(アタリマエ)。こ…

重版出来! 第2話

「情報誌で何やりたいんだ」答えに詰まる小泉くん(坂口健太郎)。「そういえば私は、いま何をやりたいんだろう?」いつの間にか自分に問いかけていました。http://www.tbs.co.jp/juhan-shuttai/story/ep2.html 和田編集長(松重豊)の宿敵と思われた営業の…